ロゴ

肺腺がんになる女性が増えた理由は2つある!

女性に多いガンといえば・・・

女性特有のガンと言えば「乳がん」と言われていますが、ここ最近、肺がんになる方も増えていると言われています。その理由は女性ホルモンも関係していると発表されています。喫煙者が肺がんになる確率が高いですが、実は吸わない方にも「肺腺がん」というガンのリスクがあるのです。聞き慣れない肺腺がんについて説明していきましょう。

【女性も増えてきた!】肺腺がんの恐怖について

病院

肺腺がんになる原因

女性も男性も、ガンになるリスクは持っています。その中でも喫煙者じゃないのに肺がんになったという声を聞いたことある方も多いでしょう。実は肺がんには2種類ある喫煙者に多い「扁平上皮がん」、タバコの影響がないガンが「肺腺がん」と言われています。喫煙者じゃないのに肺がんになったという方の多くが肺腺がんなのです。その原因とされていることが2つ。それは「女性ホルモン」「空気汚染」です。最初の女性ホルモンが原因の内容について説明すると、肺腺がんを発症した方の多くの女性はエストロゲンの量や濃度が高いと言われています。エストロゲンはいわゆる女性ホルモンです。月経期間が長い、エストロゲン補充療法を受けた方は肺腺がんになる確率も高くなると言われています。続いての「空気汚染」ですが、排気ガスや細菌、煙などで空気が汚染されます。その空気を吸うことで肺に負荷を掛けることになり結果肺腺がんになるという最悪な結果になります。

どんな病気も早期発見が必要!

よく「早期発見」という言葉を病院やテレビなどで見ることがあると思います。どんな病気も早めに発見すればするほど症状が悪化する前に治すことができます。悪化してがん治療するのと完治率も大きく変わるのです。だから乳がん検診などもすすめられています。また、早期発見も大事ですが、ガンになる原因を作らないように生活することも必要です。ガンとも関係のある血糖値を下げる方法を調べて行うといいでしょう。

ガンの治療って何があるの?

ガンの治療と言えば抗がん剤と言われていますが、それ以外にも局所療法というものもあります。ちなみに、抗がん剤は全身療法と言われています。その2つの比較を下記で説明しているので参考にどうぞ!

ガンの治療方法の比較

局所療法

・ガンそのものを切除する
・放射線やレーザーを用いる

全身療法

・抗がん剤を利用する治療
・免疫細胞の利用した治療

ガンにも関係ある血糖値!

女医

【基本知識も大事!】血糖値を下げる方法をマスター

ガンという病気はとても有名で、発症したくない病気です。実は血糖値が高い方のほうが、ガンになりやすいと言われています。この記事内では血糖値の基本情報をまとめているので参考になること間違い無し。

READ MORE

[PR]肺腺がんの治療を受けよう
最良の施術を提供してくれる

[PR]乳がん検診は専門医院で受けよう
最新機器を使った検査を行なってくれる

[PR]がん治療は専門医院で受けよう
病気の悩みを撃退☆

[PR]血糖値を下げる方法を詳しく紹介!
糖尿病を回避しよう